ドコモ光タイプcipv6『特典が一番豊富な窓口』

一番得するドコモ光のプロバイダとは?

これからドコモ光の導入を検討している人はプロバイダに悩むかと思います。キャッシュバックが高くて、口コミがよくて、回線が安定しているプロバイダを選びましょう。

当サイトでは回線業者の営業をしていた私がドコモ光で最強のプロバイダーを厳選しています!

ドコモ光の中で一番最強のプロバイダーはどこなのか、月額料金の安さや、キャンペーンの豊富さや、確実に受け取れるキャッシュバックなどから比較していきたいと思います。

キャッシュバックの額だけにつられて、結局申請が面倒で受け取れなかったということにならないように、当サイトの情報を参考にしてください。

ドコモ光の一番おすすめプロバイダはどこ?

結論から言ってしまうと、ドコモ光の一番最強のプロバイダはGMOとくとくBBです。

なぜGMOとくとくBBが最強なのかというと、プロバイダの中で回線の安定性や速度に信頼感が抜群にあり、確実にキャッシュバックが2万円もらえるからです。

なお、ドコモ光に申し込むときは代理店から契約するのはやめておきましょう。

代理店がおすすめできない理由としては、キャッシュバック申請の手続きが複雑になっていて、振り込まれるまでに半年や1年以上かかってしまうからなんです。

詳しくは当サイトの別の章で解説しています。

GMOとくとくBBに申し込むときは、キャッシュバックの手続きが簡単な次のページから申し込みましょう。

ドコモ光のプロバイダを変えると何が変わるのか?

プロバイダを比較する前に、プロバイダを変更すると何が違うのかを解説していきたいと思います。

光回線の大本はドコモ光だったとしても、プロバイダ各社によって次のようなポイントが違ってきます。

キャッシュバックの金額やオプションの要不要、Wi-Fi端末が無料かどうか、回線速度の安定性。

何を根拠に選んでいけばいいのか一つずつ見ていきましょう。

選び方1 月額料金が安いタイプかどうか

そもそもとしてドコモ光はどこのプロバイダで契約するかによって月額料金が違ってきます。

月額料金が安いタイプAと、少し高めのタイプBがあります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

上記の料金の差額は、ドコモ光とプロバイダがどういう契約体系で契約しているかによります。

タイプAでもBでも回線速度が速いとかの違いはないので、正直どちらを選んでも変わりません。

タイプAの方が数百円安いのですが、1年、2年という長期スパンで考えると何千円もの違いになるので、安い方を選びましょう。

上記にはないタイプのプロバイダでも契約できますが、月額料金はもっと高くなるのでおすすめしません。

選び方2 回線が安定しているかどうか

次のポイントとして、回線速度はどれくらいのスピードが出て、快適性はどれくらいあるのかをチェックしましょう。

そもそもドコモ光の回線速度はどれくらいでるのでしょうか?最高速で1Gbpsとなっていますが、これは理論値に過ぎません。

光回線の本当の速度を知るためには、実際に使っている人の回線速度を調べるのが一番手っ取り早いですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上記の一覧表のように、プロバイダ如何によってはこんなにもスピードに開きがでてしまうのです。

なぜこういった違いが生まれるのかというと、最新規格に準拠しているプロバイダかどうかなんです。

また他には、レンタルしている端末の性能の違いによって回線速度に違いが生まれます。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

次の選び方のポイントとして、端末が無料で使えるかどうかをチェックしましょう。

スマホでもゲームでも直接4Gの回線につながないで、Wi-Fiを経由してつないでいる人が多いと思います。

プロバイダによってはWi-Fiルーターの端末を無料でもらえるところと、自分で用意しないといけないところがあります。

Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるところは次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

一例として、ドコモネットは端末レンタルで毎月の月額料金に300円が加算されます。

もっといってしまうと、端末選びを間違えると回線の安定性が悪くて、接続できなかったりというトラブルに見舞われることもあります。

ルーターやWi-Fiなどメカには詳しくないという人は、無料で最新機種を貸し出してくれるところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックキャンペーンの豪華さ

最後のプロバイダ選びのコツとしては、キャッシュバックでいくらもえるかです。

キャッシュバックを比較してみたところ、以下のようなプロバイダがキャッシュバックをしています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これら以外のプロバイダで契約したとしてもキャッシュバックはもらえません。

プロバイダ各社どこを選んだとしても、ドコモ光の月額料金基本プランや最高速度などは違いがありません。なので、一番得するところを選びましょう!

なおどこのプロバイダで契約したとしても、ドコモ光がやっている工事費無料特典は受け取ることができます。

ドコモ光の主なプロバイダを比較してみました!

上記のプロバイダの選び方4つを踏まえた上でのプロバイダ比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべてを踏まえて一番おすすめのプロバイダはやはり「GMOとくとくBB」ですね。キャッシュバックも高額な部類に入って、回線速度も速くて、端末も無料です。

昨今の在宅勤務の影響で、ズームなどのオンライン会議やテレワークなどで、安定した高速インターネットが重要になってきています。

ネット環境はなるべく高速で安定していることが大切だといえるでしょう!

一番おすすめのプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」です

あらゆる切り口からおすすめできるのは「GMOとくとくBB」ですね。回線の速度も速くて安定していて、キャンペーンも充実しています。

パソコンでWi-Fiを使いたい人も、高速通信のできるルーターを無料でレンタルしてくれるので、自分で用意する必要もありません。

GMOとくとくBBはプロバイダの公式サイトから契約するのが一番おすすめです。下記のリンクから申し込むと2万円のキャッシュバックがもらえます!

GMOとくとくBBの何がすごいのか?

メリット1 回線安定度やスピードの評判がいい!

GMOとくとくBBはサイト上で、実際の利用者の速度を毎月公開しています。全国平均で下りが約345Mbps、上りが約300mpbsとなっています。

GMOとくとくBB以外のプロバイダを見てみると、ここまでリアルな数値を後悔していないので、GMOとくとくBBは相当な自信があるということが見てうかがえますね。

公式サイトのデータだけではなくて、SNSなどの口コミも参考にしてみると、600Mbpsくらいでているひともたくさんいるくらいです。

GMOとくとくBBに直接、なぜこんなにも回線速度が速くて安定しているのか問い合わせて見たところ、設備投資をかなりしているとのことです。

GMOとくとくBBの回線速度はネットだけに限ったことではありません。PS4やスイッチなども快適に使いこなせているという口コミも多数見受けられます。

おうち時間が増えている昨今では、快適なインターネット環境というものがとても大切になってきているので、できる限り早いプロバイダが欠かせません。

メリット2 高性能な高額のWi-Fiルーターを無料レンタル!

GMOとくとくBBでは実際に購入すると1万円以上もする高級なWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれます。

この高級なWi-FiルーターはGMOとくとくBBの方で初期設定が終わった状態で届くのですぐ使うことができるのです。

機材に詳しくない人やパソコンの設定が面倒だというひとは、この設定済みはとてもいいですよね。

ドコモ光の工事日程が決まると、Wi-Fiルーターの手続き案内が届きます。

光回線の工事が終わったらすぐに使えるように、ルーターのSMSが来たらすぐに手続きをしておきましょう。

メリット3 2万円の確実なキャッシュバック

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから契約すると、光回線の本契約のみで、オプション一切不要で、2万円もの現金をキャッシュバックしてもらえます。

2万円のキャッシュバックをもらえる@niftyではスカパーなどのオプションを同時に申し込まなければ2万円を満額手に入れることができません。

たとえばキャッシュバックがギフト券やポイントだったりするところもありますが、こういうところはそのお店でしか使えないので利便性が悪くて、現金でのキャッシュバックがもらえるプロバイダが一番おすすめです。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBにもデメリットがある

デメリット1 回線速度が遅くなるときもある

回線速度が超高速だと有名なGMOとくとくBBですが、たまには遅くなってしまうこともあります。

光回線やその他の固定回線は、その家の立地条件や、角部屋かどうか、近くにマンションが密集しているかどうかなど、あらゆる条件に左右されるので、ある程度の回線速度は予測できても、本当のスピードというのは実際に導入してみるまではわからないものです。

とはいっても、せっかく光回線を導入したわけですから、なるべく遅かったり不安定なのは避けたいですよね。

光回線を使用中に遅くなってしまったり、回線が不安定になってしまったりしたら、v6プラスで接続中かどうかを確かめてみるというのも一つの手ですね。

GMOとくとくBBの回線速度が遅いときは、v6プラスで接続できているかチェックできるサイトにアクセスして、v6プラスで接続されているかを確認しましょう。

v6プラス接続というのはそもそも、GMOとくとくBBから無料でレンタルできている、Wi-Fiルーターの端末でインターネットに接続すると自動的につながっています。

v6プラス接続の端末に切り替えた利用者の声を見てみると、かなり早くなったという口コミが多数散見されます。

v6プラスがチェックできるサイトで確認してみて、v6プラス接続になっているのにもかかわらず、回線速度が不安定な場合は、ルーターの電源を切ってから入れ直してみるというのもおすすめです。

デメリット2 キャッシュバック手続きのメールに注意

GMOとくとくBBでは開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内メールが配信されます。

この申請の案内メールが送られてくるのは、ドコモ光を契約したときに登録したメールアドレスに送られてくるので注意しましょう。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

以上のようなことから、ドコモ光が開通したらキャッシュバックの案内メールが送られてくる時期をカレンダーに記しておきましょう。

キャッシュバック申請は期限があって、メールが到着した翌月の末日までとなっております。経過してしまうともらえないので注意しましょう。

プロバイダだけを変更するには?

ここからは、ドコモ光のプロバイダだけを変更したり変更するステップを解説していきたいと思います。

もしもプロバイダが自分にあわなかったときは、次の手順で変更が可能です。

1,電話でカスタマーセンターに変更を申し込む

2,変更の書類が送られてくる

プロバイダの変更から手続きまで1週間くらいかかりますが、自分の希望があるのであれば、いついつに変更して欲しいという希望を出すこともできます。

なお、ドコモのお客様センターはドコモの携帯から151ですぐに接続することができます。

カスタマーサポートが混み合っているときは、ドコモの公式サイトから電話の予約を入れることができるので活用してみてください。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光の一番得するプロバイダの選び方とは?

ドコモ光のプロバイダは結局のところどこが一番お得なのでしょうか。

そもそも、ドコモ光は契約するプロバイダによってキャンペーンや回線速度や安定性などが違ってきます。

ドコモ光の中で大量にあるプロバイダの中でも、確実に受け取れる受け取りやすい高額キャッシュバックをやっていて、キャンペーンが充実しているのは、ダントツで「GMOとくとくBB」になります。

このサイトでは光回線を知り尽くした管理人の私が、ドコモ光で最強クラスのプロバイダを厳選してお伝えしているので、ドコモ光の導入を検討している人は是非参考にしてみてください。

当サイトを一読していただければ、本当にキャンペーンやオプションが充実しているプロバイダがわかると思います。

プロバイダ選びで最重要なポイント

一番得して、満足感があるようなプロバイダを選び抜くためのコツなどをここでは詳細に解説していきたいと思います。

ですが、このコツなどを解説する前に、まずはプロバイダの基礎知識について身につけておきましょう。

そもそもとして、プロバイダというのはネット世界に接続するための関門みたいになっていて、プロバイダを中継しない限りネットに接続することは不可能です。

ほとんどの光回線はプロバイダとセットになっていることが多いのですが、別に契約することも可能なんです。

また、プロバイダから光回線を契約することにより、今までよりも得するキャンペーンを受けられるパターンが増えてきています。

ドコモ光を契約するときに選べるプロバイダにはたくさんあって、代表的なものにGMOとくとくBB、ぷらら、@nifty、DTIなどがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 高額なキャッシュバック

公式サイトやドコモのショップではなく、プロバイダのキャンペーンページから申し込みをすることによって、プロバイダ独自の特典を適用してもらうことができます。

ちなみに、独自のキャンペーンを最も最高額受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要で、一番高額のキャッシュをバックしているところを選びましょう。

GMOとくとくBBのキャンペーンなら、2万円ものキャッシュバックをしていて、最高額の現金がもらえます。

ポイント2 毎月の料金が安いかどうか

ドコモ光のプロバイダは自分で選べるのですが、毎月の支払金額は3つのタイプにわかれていますが、Aタイプを選びましょう。

星の数ほどあるドコモ光のプロバイダの中でもタイプAとBがありますが、これは金額が違うだけであって、中身は全く一緒なので安心してください。

また他にも、単独タイプといわれている、プロバイダとセットになってないプランでは、基本料金は安くなっていますが、プロバイダとの契約が別個に必要になってくるので、結果的には高くなってしまう計算になります。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

ドコモ光のプロバイダの中には、ネット環境を楽しむためにも必須なWi-Fiルーター端末を無償で供与しているところもあります。

Wi-Fiルーターを接続することにより、家中どこにいてもタブレットやパソコンやスマホで光回線を楽しむことができるので、端末はあった方がいいですね。

ドコモ光のプロバイダの中には高級なルーター端末を用意しているところもあるので、持っているという人でも新しくしてみる絶好のタイミングなのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティの特典

プロバイダによってはセキュリティ対策ができるソフトを無料でレンタルしているところもあります。

無償のオプションとしてセキュリティソフトが使えるのは、2年くらいなので、パソコンを安全に使うためにもこういった対策をきちんとしておきましょう。

ポイント5 スピードが安定しているか

ドコモ光のダウンロードの最高速度は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると十分の一くらいになってしまうことも十分あり得ます。

そもそもネット環境というのは、その地域ごとに基地局がありますが、エリアごとにプロバイダの設備があります。

さらに、基地局に対する利用者が多ければ多いほど混雑するので、通信速度がどうしても遅くなってしまう可能性があります。

混雑を回避する方法としては、v6プラスの接続方式をとっているプロバイダを使えばいいでしょう。

v6プラスという接続方式なら、アクセスが集中する箇所が解消されるので、混雑して回線が不安定になったり速度が極端に遅くなったりということを避けられます。

以上、ドコモ光のプロバイダを選ぶコツを解説してきましたが、これらすべてを満たしているのが「GMOとくとくBB」なので、当サイト一番おすすめです!

ズバリ!一番お得なプロバイダはここ!

どのプロバイダが本当のところ一番お得なのかを比較するために一覧にしてみました。

v6プラスというのは、プロバイダの接続方式で、最新の接続技術なので高速で混雑しないようになっています。

自分が使っているエリア内で同時に接続する人が一時的にでも増えてしまうと回線が遅くなってしまいますが、そういったことを回避できるようなメカニズムとなっています。

v6プラスの接続方式を採用しているプロバイダで、回線が遅くなったという口コミを見かけたことがないくらいの信頼感があるので、v6プラスタイプのプロバイダがとにかくおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上記の一覧表のように、GMOとくとくBBなどは2万円もの業界最高峰のキャッシュバックキャンペーンがあります。

GMOとくとくBBはさらに、無料でもらえるWi-Fi端末があるので、かなりメリットが多いといえるでしょう。

GMOとくとくBBでもらえる端末は高価なものが多いので、最高速度が非常に速い商品のラインナップがそろっています。

どれくらい高速なのかを表すために、GMOとくとくBB以外の端末と比較してみたのが下記の一覧表になります。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

以上のように比較してみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーター端末が他のプロバイダでもらえるものを圧倒的に引き離しています。

ルーターの端末はすべて5Ghzと2.4Ghzを使用することができますが、それぞれで最高通信速度が変わってきます。

v6プラスという最先端の高速通信が使える環境にいるのであれば、端末機器も最新の超高速で通信できるものを使えば鬼に金棒ですね!

最新の超高速のルーター端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダをサービス面で引き離していると思います。

なので、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです!

ドコモ光のプロバイダなら間違いなく「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場企業のGMOが運営しているプロバイダで、ドコモ光を検討している人には一番おすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBはオプション条件なしで2万円ものキャッシュバックがもらえて、この金額はドコモ光のプロバイダの中では最高峰となっています。さらに次のようなボーナスももらえます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

上のような特典がたくさん付いているので、光インターネットを快適に使えると思います。

たとえば、ドコモ光を公式サイトから申し込んだらほとんどなにももらえませんが、プロバイダ経由で申し込むだけで、数万円のキャッシュバックがもらえますし、その他のいろいろな無料オプションが付いてきます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

たとえば、ドコモ光の何の特典もないところから契約した場合は実質的な月額が4300円くらいですが、GMOとくとくBBのキャッシュバックで差し引いたら3800円くらいと、かなり安くなります。

GMOとくとくBBなら月額料金がかなり安く抑えられますし、通信速度も速くて安定していて快適に使いこなせます。

GMOとくとくBBなら、通信速度が快適に使えるv6プラスにも対応していて、高速通信ができるルーター端末をレンタルできるので、ナンバーワンにおすすめのプロバイダになります。

GMOとくとくBBの場合は回線速度が安定していて高速だという口コミがネット上に多く散見されていて信頼感も抜群です。

プロバイダを変更するときの注意点とは?

ドコモ光を現在使用中のお客さんであれば、プロバイダの変更について検討している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ドコモ光のプロバイダを変更する時の注意点などについて解説していきたいと思います。

プロバイダを解約するときの金額

ドコモ光でプロバイダだけを変更する時は、以下のような手数料がかかるようになっています。

ドコモに支払うプロバイダ変更に伴う事務手数料が3300円、プロバイダの違約金などです。

また、単独タイプからAタイプ、Bタイプへの変更の場合は事務手数料がかかりません。

ちなみに、プロバイダの解約などの手続きはドコモ光がやってくれるので楽ちんです。

ですが、ドコモ光が代理でやってくれるのはメインの部分のみで、オプションの解約や解約料の支払いなどは自分自身で行う必要があります。

カスタマーセンターに連絡して変更する

プロバイダの基本的なサービスであれば、以下のような方法で、ドコモ光に連絡するだけでプロバイダを変更することができます。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法というのは、カスタマーセンターへ連絡するだけです。

ですが、プロバイダのオプションに加入しているときは、自分からプロバイダに連絡する必要があります。

プロバイダへの追加の連絡が必要かどうかは、ドコモ光に連絡するときに確認しましょう。

プロバイダを乗り換えると得をするのか?

プロバイダの変更は事務手数料が3300円と少額のコストでまかなえるため、現在使っているプロバイダに不満な点があれば、すぐに乗り換えてもいいと思います。

そもそもドコモ光のプロバイダを変更しようとしている人は、回線速度が遅かったり、つながりにくくなったりという不満な点を抱えていると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

プロバイダのキャンペーンとドコモ光公式のキャンペーンを同時併用

ドコモ光では、プロバイダのキャンペーンとさらに、以下のような公式キャンペーンを適用することができます。

ドコモ光が公式にやっているキャンペーンというのは、工事費無料とセット割りになっています。

ドコモ光のセット割り

まず一つ目にドコモ光のセット割りというものがありますが、これは大変お得な割引キャンペーンとなっていて、ドコモの携帯をもっていると、1100円以上割引になるというものです。

たとえばですが、家族3人が全員ドコモの携帯を持っていたら以下のような割引になります。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

これらのように、家族全員でドコモの携帯を契約している人は、ドコモ光セット割りを使えばめちゃくちゃお得になるんです!

ドコモ光の工事費が無料になる

ドコモ光では工事費無料キャンペーンというものも実施しています。

現時点でNTTの回線を使用していないご家庭の場合は、一軒家の場合は約2万円、マンションの場合は約16000円が無料になります。

以上のようなことから、ドコモ光1ギガを新規に契約して、申し込みから7ヶ月以内に利用開始をすると、本来であったら2万円くらいかかる工事費が無料になります。

ですが、NTTの回線を現在使用している人は、キャンペーンがなかったとしても工事費無料になります。

ドコモ光に関する疑問点

上記まで、ドコモ光の回線のメカニズムやどうやったらお得なプロバイダを選び抜くことができるのかについて、いろいろと解説してきましたが、最後にドコモ光やプロバイダについてよくある質問をまとめてみました。

ドコモ光でゲームをやりたいのですがおすすめはありますか?

ドコモ光でプレステやスイッチなどのゲーム機を快適に使いたいときは、混雑が起こりにくい快適性が抜群なv6プラスを使っているプロバイダを選びましょう。

ドコモ光の中でも数あるプロバイダでGMOとくとくBBは高機能なWi-Fiルーターを無料で貸し出していてとても評判がいいプロバイダとなっております。

プロバイダがv6プラスの接続方式になっているところは、スマートな接続ができるので、快適なネットライフを送れると思います。

回線を移転するときはプロバイダへも連絡が必要?

ドコモ光のサービスを移転させるには、プロバイダに別段として連絡する必要性はなく、ドコモ本体のお客様サポートから手続きを済ますことができます。

また他にも、ドコモ光から移転の手続きをすると、ポイントがもらえるので、こういったサービスも積極的に活用していきたいところですね。

引っ越し先においては回線工事が必要な場合もありますので、手続きは1ヶ月くらい前からしておきましょう。工事費は別途必要になります。

ドコモ光でテレビを見ることはできますか?

ドコモ光のテレビオプションなら、アンテナがいらずに地デジやBS放送を閲覧することができるほか、4Kや8K放送にも対応しています。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

普通の光電話をドコモ光の光電話に変えるとき

転用するときは手続きが必須で、転用した場合には電話番号が継続となります。

また他にも、ドコモ光と光電話を同時に契約したときには、工事費用は無料になります。

プロバイダだけを変えたいのですが?

ドコモ光を契約したあとでも、プロバイダだけの変更はできます。カスタマーセンターから変更しましょう。

ですが、プロバイダの変更には事務手数料約3000円がかかります。プロバイダの違いによってドコモ光自体の基本料金も変わったりするので注意しましょう。

光回線の終端装置がある場合

作業員の工事がなくて、ドコモ光に申しこんで、ドコモ光を開通させるためには、以下のような理由があります。

フレッツやソフトバンクなどからドコモ光へ引っ越しをするときは、光回線がすでに自宅に導入されているので、工事をする必要がそもそもありません。

上記のような場合は、すでに設置されている光回線でドコモ光を開始することができます。

工事作業員なしでドコモ光を工事する場合でも、2200円かかるのですが、微々たる工事費ですね。